塾長ブログ ただいま悪戦苦闘中

ブログ詳細

2学期と3学期の通知表を比較して分析します。-早稲田育英柴又教室


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆早稲田育英「無料体験授業」★☆★☆

☆★☆★☆★☆★ 実施中 ☆★☆★☆★☆★

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

無料体験授業を行っております。

早稲田育英柴又の「1対2の個別指導」や

「SSTプリント授業」は、勉強が苦手、

ご家庭で勉強ができない、

勉強のしかたが分からない、

志望校まであと少し、といった生徒さんに

大変好評をいただいております。

ぜひ、早稲田育英の体験授業に参加して

勉強のヒントをつかんでください。

お申込みは、下記のいずれかの方法で

ご連絡ください。

-1) 電話  03-3600-8791

-2) メール ikuei172@dj9.so-net.ne.jp

-3) H P www.each-one.net/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

3学期も終わり、ぞくぞくと通知表が

私の手元に届いています。

今回は、その中の一人の通知表を分析したいと思います。

分析方法は、2学期と3学期の「観点評価」と「評定」です。

特に「観点評価」がどうなっているか、がポイントです。

こちら側が考えていることと、学校の先生が考えていることが

同じである場合と違う場合がありますので、

その点も注意したいところです。

 

動画で紹介している生徒の場合、「評定」では、

社会、音楽、家庭科が上がり、保険体育が下がりました。

では、「観点評価」はどうでしょう?

国語では、「書く能力」Bです。

社会では、「社会的な思考・表現」が同じくBのまま。

ということは、「論理的な文章を書く力が弱い」ということです。

これは、私がこれまで、この生徒さんを指導してきて

感じていたことと同じです。

 

数学を見てみましょう。

「数学的な見方・考え方」がCとなっています。

この生徒さんは、計算はよくできているのですが、

文章題と証明問題が苦手です。

つまり、論理的な文章が苦手だ、ということです。

 

理科も同様に「科学的な思考・表現」がBです。

やはり、どの科目も論理的な思考・文章に弱いようです。

 

英語はどうでしょう?

「言語や文化についての知識・理科」がBです。

文法や単語は書けるのですが、いまひとつ、

英語に対する関心が薄い、と私は感じていましたので、

ここでも学校の先生と同じ意見です。

新聞やテレビのニュースなども使って、

日本の文化、外国の文化、現在の情勢などを

知識として知っておくことが、英語への興味となります。

特に新聞を読むことで、論理的な文章を読めるようになるので、

この生徒さんには、強くお薦めしたい部勉強方法です。

また、入試対策としても、論理的な文章を書く(作文)の演習も

必要なようです。

 

 

柴又教室では、一人の生徒さんに対して、時間を掛けて

通知表の分析を行い、これからの勉強方法を検討していきます。

大手の塾では出来ない、きめの細かい授業をしたいと

考えておりますので、ご共感いただけるご父兄様には、

是非、柴又教室の個別指導、そしてSSTプリント授業を

ご体験いただきたいと思います。

きっとご満足いただけるものと自信を持っております。

 

YouTube Preview Image 

 

【こちらで動画でも当塾のご紹介をしております!】
http://ikuei-shibamata.blog.so-net.ne.jp

早稲田育英ゼミナール 柴又教室

住所 〒125-0052 東京都葛飾区柴又1-34-3 大石ビル2F
電話 03-3600-8791(教室) 0120-198176(フリーダイヤル:本部)
facebookはこちら   http://on.fb.me/1VWWjY0
  • facebook
  • 過去ブログ