塾長ブログ ただいま悪戦苦闘中

ブログ詳細

H28年度 都立高校入試の変更点②(実技評定)-早稲田育英柴又教室


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆早稲田育英「無料体験授業」★☆★☆

☆★☆★☆★☆★ 実施中 ☆★☆★☆★☆★

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

無料体験授業を行っております。

早稲田育英柴又の「1対2の個別指導」や

「SSTプリント授業」は、勉強が苦手、

ご家庭で勉強ができない、

勉強のしかたが分からない、

志望校まであと少し、といった生徒さんに

大変好評をいただいております。

ぜひ、早稲田育英の体験授業に参加して

勉強のヒントをつかんでください。

お申込みは、下記のいずれかの方法で

ご連絡ください。

-1) 電話  03-3600-8791

-2) メール ikuei172@dj9.so-net.ne.jp

-3) H P www.each-one.net/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今回は、前回の続きです。

都立高校入試の変更点のうち、

調査書の実技評定の変更についてです。

 

前回までは、実技の評定は、1.3倍になっていました。

音楽、保体、技家、美術においてすべて

評定が3だった場合、合計12点、

換算すると(1.3倍すると)、15.6点。

小数点以下を切り捨てにしますから15点となります。

主要5科も3であるとすると、

換算内申合計30点となります。

 

しかし、H28年度から、実技評定は1.3倍から2倍に変更されます。

これを前述のオール3の生徒さんに当てはめ、

変更した内容で計算すると、

実技科目合計は、2倍に換算しますから合計24点。

換算内申合計は、15点+24点=39点となります。

 

これは何を意味するのかといいますと、

実際に数字を変えてみると分かります。

オール3の生徒が、数学を頑張って4にしたとします。

すると、換算内申合計は、40点。

しかし、音楽を頑張って4にした場合41点になります。

 

これを更に調査書点に置き換えてみます。

オール5の場合の換算内申合計は、65点です。

調査書点の満点は、300点ですから、

換算内申合計65点は300点ということになります。

すると、換算内申39点の生徒の調査書点は、180点。

換算内申40点の生徒の調査書点は、184点。

換算内申41点の生徒の調査書点は、189点。

という結果になります。

 

つまり、オール3の生徒さんが音楽などの実技科目を

一つ頑張って4にした場合、オール3のままの生徒さんと

調査書点で、9点も違ってくる、ということです。

これは大きいです。

だからと言って、数学や英語を頑張らなくてもいい、

というわけではありません。

主要5科を頑張って、更に実技を頑張ると、

いいことがありますよ。

ということです。

今回の変更の意味は、実技4科目をおろそかにせず、

他の科目も引き続き、頑張って欲しいという

メッセージでもあるわけです。

 

YouTube Preview Image

【こちらで動画でも当塾のご紹介をしております!】
http://ikuei-shibamata.blog.so-net.ne.jp

早稲田育英ゼミナール 柴又教室

住所 〒125-0052 東京都葛飾区柴又1-34-3 大石ビル2F
電話 03-3600-8791(教室) 0120-198176(フリーダイヤル:本部)
facebookはこちら   http://on.fb.me/1VWWjY0
  • facebook
  • 過去ブログ