塾長ブログ ただいま悪戦苦闘中

ブログ詳細

中1数学「文字式の計算」③~一次式の乗除(分数):早稲田育英柴又教室


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆早稲田育英「無料体験授業」★☆★☆

☆★☆★☆★☆★ 実施中 ☆★☆★☆★☆★

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

無料体験授業を行っております。

早稲田育英柴又の「1対2の個別指導」や

「SSTプリント授業」は、勉強が苦手、

ご家庭で勉強ができない、

勉強のしかたが分からない、

志望校まであと少し、といった生徒さんに

大変好評をいただいております。

ぜひ、早稲田育英の体験授業に参加して

勉強のヒントをつかんでください。

お申込みは、下記のいずれかの方法で

ご連絡ください。

-1) 電話  03-3600-8791

-2) メール ikuei172@dj9.so-net.ne.jp

-3) H P www.each-one.net/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今回は、引き続き、中1生の数学「文字式の計算」から

「一次式の乗除」(分数)を解説したいと思います。

整数ならば、それほどミスはないのですが、

分数になると、ミスが増えます。

どうしてかというと、2つの事柄が原因に

なっているようです。

 

まず、柴又教室の問題です。

-5u-2/7 × (-28)という問題です。

※分子は-5u-2、分母は7です。

 

この計算を始める前に、まずやっておいて

欲しいことがあります。

それは、-5u-2 を括弧で括って欲しいのです。

つまり(-5u-2)/7 ということになります。

そうしておいて、計算を始めます。

(-5u-2)×(-28)/7 となります。

 

ここまで来たら、またここで、

やっておいて欲しいことがあります。

それは、約分です。

約分ができるようなら、できるだけ約分をしてください。

この場合、-28と7が約分できます。

 

どうして約分が必要かといいますと、

約分しない場合、-5u×(-28)と-2×(-28)という

ややこしい計算をしなければなりません。

しかも時間が掛かります。

最初から約分をしてしまえば、

分母の7は消え、-5u×(-4)と-2×(-4)を

計算すればいいだけになるからです。

 

ここで、どうして最初に分子の式を括弧で括るかというと、

-4を-2に掛けることができても、-5uに-4を掛けるという

作業を忘れてしまいがちになるからです。

-5u-2×(-4)と(-5u-2)×(-4)とを

比べたときどちらがミスしやすいでしょう?

時間があるときは、ミスをしなくても、

テストのように、時間がない場合は、

間違えることもあります。

ですから、自分は括弧にしなくても大丈夫、という

ことではなしに、習慣として括弧をつけて欲しいと思います。

答えは、20u+8となります。

 

さあ、もう一度復習です。

分数計算をするときは、

①分子式を必ず( )で括ること。

②約分できるときは、約分をすること。

この2つを守れば、ずいぶんとミスが減ってきます。

計算の仕方が分かれば、あとは練習です。

頑張ってください。

 

 YouTube Preview Image

【こちらで動画でも当塾のご紹介をしております!】
http://ikuei-shibamata.blog.so-net.ne.jp

早稲田育英ゼミナール 柴又教室

住所 〒125-0052 東京都葛飾区柴又1-34-3 大石ビル2F
電話 03-3600-8791(教室) 0120-198176(フリーダイヤル:本部)
facebookはこちら   http://on.fb.me/1VWWjY0
  • facebook
  • 過去ブログ