塾長ブログ ただいま悪戦苦闘中

ブログ詳細

新宿中・常盤中3年「テスト対策講座」③~関係代名詞which:早稲田育英柴又教室


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆早稲田育英「無料体験授業」★☆★☆

☆★☆★☆★☆★ 実施中 ☆★☆★☆★☆★

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

無料体験授業を行っております。

早稲田育英柴又の「1対2の個別指導」や

「SSTプリント授業」は、勉強が苦手、

ご家庭で勉強ができない、

勉強のしかたが分からない、

志望校まであと少し、といった生徒さんに

大変好評をいただいております。

ぜひ、早稲田育英の体験授業に参加して

勉強のヒントをつかんでください。

お申込みは、下記のいずれかの方法で

ご連絡ください。

-1) 電話  03-3600-8791

-2) メール ikuei172@dj9.so-net.ne.jp

-3) H P www.each-one.net/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

関係代名詞whichの使い方①はこちらから。

関係代名詞whichの使い方②はこちらから。

 

今回は、新宿中・常盤中3年「期末テスト対策講座」、

whichを使う関係代名詞3回目です。

前回までは、主語に掛かる関係代名詞whichの解説をしました。

今回は、目的語・補語に掛かる関係代名詞whichの説明です。

 

まずは、例文を見てください。

1.私は彼が書いた手紙を読んでいます。

さて、この文の主語はどれでしょう。

これは簡単ですね。

「私は」です。

ですから、英語にする際は、

「I」が文頭に来ます。

でも前回と違い、主語である「I」に掛かる修飾語がありませんよね。

ですから、「I」の次にwhichではなく、

I’m reading a letter

となります。

 

そして、日本語の例文を見てもらえば分かりますが、

「彼が書いた」は「手紙」に掛かる修飾語です。

「彼が手紙を書いた」ではなく、「彼が書いた」⇒「手紙」です。

前回の説明にも書きましたが、英語の修飾語は日本語と異なり、

後ろから単語を修飾します。

ですから、この部分は、a letter which he wrote となります。

全文を書いてみると、

I’m reading a letter which he wrote .

となります。

 

YouTube Preview Image 

【こちらで動画でも当塾のご紹介をしております!】
http://ikuei-shibamata.blog.so-net.ne.jp

早稲田育英ゼミナール 柴又教室

住所 〒125-0052 東京都葛飾区柴又1-34-3 大石ビル2F
電話 03-3600-8791(教室) 0120-198176(フリーダイヤル:本部)
facebookはこちら   http://on.fb.me/1VWWjY0
  • facebook
  • 過去ブログ