塾長ブログ ただいま悪戦苦闘中

ブログ詳細

柴又教室の小6用「学習診断テスト」で弱点を見つけよう!:早稲田育英柴又教室


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆早稲田育英「無料体験授業」★☆★☆

☆★☆★☆★☆★ 実施中 ☆★☆★☆★☆★

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

無料体験授業を行っております。

早稲田育英柴又の「1対2の個別指導」や

「SSTプリント授業」は、勉強が苦手、

ご家庭で勉強ができない、

勉強のしかたが分からない、

志望校まであと少し、といった生徒さんに

大変好評をいただいております。

ぜひ、早稲田育英の体験授業に参加して

勉強のヒントをつかんでください。

お申込みは、下記のいずれかの方法で

ご連絡ください。

-1) 電話  03-3600-8791

-2) メール ikuei172@dj9.so-net.ne.jp

-3) H P www.each-one.net/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

現在小学6年生の皆さんは、

今までの楽しくて夢のようだった小学生生活も終わり、

いよいよ、中学生活という現実の世界に入って

いくことになります。

 

中学では、中間や期末テストだけでなく、

期間や単元ごとにテストが繰り返し行われます。

でも、しっかりと勉強をしたお子さんは、

それほど心配する必要はありません。

一方、計画的に勉強ができなかった小6生は少し心配です。

特に数学については、今まで理解して算数を

勉強してきたか、という本質を問われることになります。

 

例えば、一年生の一学期に習う

方程式の問題を見てみましょう。

 

<問題1>

長さ4mのテープを二つに切る。

長いほうのテープの長さが、短いほうのテープの

長さより50cm長くなるようにしたい。

それぞれ何cmに切ればよいですか?

 

簡単な方程式の問題です。

でも、別に方程式を使って解かなくても

普通に小学3年生くらいで解ける問題です。

実際に方程式を使わずに解いてみてください。

 

この問題が難しいように感じるのであれば、

残念ながら、方程式の文章題は解けないでしょう。

 

確かに、「方程式」という単元は新しいかもしれませんが、

算数と数学はつながっていますから、

小学生の勉強をしっかりとやってきたお子さんには

難しいものではありません。

解き方が「方程式」だ、というだけで

方程式で解かなくても、「算数」で充分に解けます。

やり方が違うだけで、考え方は同じです。

 

この問題ができなかった小学6年生のお子さんの場合、

数学につながるはずの「算数」のどこかで、

線が切れてしまっている可能性があります。

 

小学生のうちに、それをつなげる作業をしないと

中学の数学で苦戦することになります。

 

早稲田育英柴又教室では、小6生が「算数」のどこで

つまずいてしまっているかが分かる「学習診断テスト」を

使って小6生の弱点をチェックしています。

また、柴又教室では、お子さんの弱点を見つけだけでなく、

中学での学習方法についてのアドバイスを行っています。

 

中学になって、お子さんを「数学」で泣かせないために

柴又教室の「学習診断テスト」で弱点を克服しませんか?

 

「学習診断テスト」は無料で受けることができます。

お申し込みは、お電話(03-3600-8791)か

メール( info@each-one.net ) で受け付けております。

 

 

 

【こちらで動画でも当塾のご紹介をしております!】
http://ikuei-shibamata.blog.so-net.ne.jp

早稲田育英ゼミナール 柴又教室

住所 〒125-0052 東京都葛飾区柴又1-34-3 大石ビル2F
電話 03-3600-8791(教室) 0120-198176(フリーダイヤル:本部)
facebookはこちら   http://on.fb.me/1VWWjY0
  • facebook
  • 過去ブログ