塾長ブログ ただいま悪戦苦闘中

ブログ詳細

柴又教室の小6生は、3月に「正と負」の単元を終えます。:早稲田育英柴又教室


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆早稲田育英「無料体験授業」★☆★☆

☆★☆★☆★☆★ 実施中 ☆★☆★☆★☆★

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

無料体験授業を行っております。

早稲田育英柴又の「1対2の個別指導」や

「SSTプリント授業」は、勉強が苦手、

ご家庭で勉強ができない、

勉強のしかたが分からない、

志望校まであと少し、といった生徒さんに

大変好評をいただいております。

ぜひ、早稲田育英の体験授業に参加して

勉強のヒントをつかんでください。

お申込みは、下記のいずれかの方法で

ご連絡ください。

-1) 電話  03-3600-8791

-2) メール ikuei172@dj9.so-net.ne.jp

-3) H P www.each-one.net/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

柴又教室の小6生ですが、中学入学前の3月に

数学では、「正と負」の単元を終える予定です。

そして、中学入学の時期には、「文字式」に入ります。

 

実は常盤中・新宿中は、5月の中間テストはありません。

そのため、途中で授業が止まることなく、

一気に授業が進みますので、6月の期末テスト範囲は、

「一次方程式の計算」までゆくと思われます。

 

4月、あるいは5月に塾に入って、

「正と負」をスタートさせたのでは、

実は、「方程式」まで間に合いません。

6月のテストに間に合わせるためには、

3月からスタートさせる必要があります。

 

特に「正と負」の次の単元「文字式」の考え方は、

高校まで続く数学の基本の基本ですから、

徹底して反復練習をする必要があります。

 

今の時期、のんびりと過ごしている小6生と

柴又教室に通っている小6生との違いを

6月の時点で見せつけなければなりません。

初めての定期テストで、「柴又教室に通ってよかった。」と

思ってもらわないといけません。

 

本人も90点以上が取れれば、数学に「やる気」が出ると思います。

そのため、柴又教室の小6生は、3月から「正と負」の学習を

スタートさせます。

 

 

【こちらで動画でも当塾のご紹介をしております!】
http://ikuei-shibamata.blog.so-net.ne.jp

早稲田育英ゼミナール 柴又教室

住所 〒125-0052 東京都葛飾区柴又1-34-3 大石ビル2F
電話 03-3600-8791(教室) 0120-198176(フリーダイヤル:本部)
facebookはこちら   http://on.fb.me/1VWWjY0
  • facebook
  • 過去ブログ