塾長ブログ ただいま悪戦苦闘中

ブログ詳細

成績UPまであともう一歩、というお子さんに適した勉強法:早稲田育英柴又教室


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★☆★☆早稲田育英「無料体験授業」★☆★☆
☆★☆★☆★☆★ 実施中 ☆★☆★☆★☆★
早稲田育英ゼミナール柴又教室では、
無料体験授業を行っております。
早稲田育英柴又の「1対2の個別指導」や
「SSTプリント授業」は、勉強が苦手、
ご家庭で勉強ができない、
勉強のしかたが分からない、
志望校まであと少し、といった生徒さんに
大変好評をいただいております。
ぜひ、早稲田育英の体験授業に参加して
勉強のヒントをつかんでください。
お申込みは、下記のいずれかの方法で
ご連絡ください。
-1) 電話  03-3600-8791
-2) メール ikuei172@dj9.so-net.ne.jp
-3) H P www.each-one.net/
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
キッズプログラミング教室
5月は28日(土)午後4時からです。
速読教室体験会
5月28日(土)午後5時10分~(対象:小1~高3)
お申込はお電話で! 03-3600-8791
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

生徒さんに中には、全然分からないという訳ではないけれど、

成績UPまで、あともう一歩の理解が必要、というお子さんがいます。

 

例えば、中3の単元「式の証明」で、

よく、こういう質問があります。

 

「連続した2つの偶数の和は2の倍数になることを証明せよ。」

という問題で、「連続した2つの偶数」を文字式でどう表すか、

というところが理解できれば大きく前進します。

 

こういう場合、nを使って、一つは「2n」、

もう一つ(大きい数字)は、「2n+2」と表します。

これをまったく理解できないお子さんもいますが、

「一つは「2n」でもいいが、もう一つは「2m」ではないか?」

というような、「あともう一歩」という質問が出るお子さんがいます。

 

こうしたお子さんは、確かにこのままだと得点は上がりませんが、

ちょっとしたヒントを出すと、理解してくれて、

「ああ、そうか!」とドンドンと問題を解いてくれるようになります。

 

疑問が出てくるということは、半分理解している、ということです。

ですから、全部を教えなくても、半分のヒントで自分から解きだします。

 

集団授業の場合は、彼の質問には答えず、授業が進み、

彼の疑問は残ったままになってしまいます。

 

また、個別指導の場合、全部を教えてしまうので、

彼自身が疑問を持たずに「解ける」と思い込んで、

スルーしてしまいます。

 

ところが、自分が疑問を持って、それを自分自身で解決できたら、

その問題を忘れることはありません。

他の誰かが解決してくれたものは、翌日には忘れています。

 

ですから、今一歩のお子さんには、集団でもなく、個別でもない

柴又教室のプリント授業を強くお薦めしています。

 

【こちらで動画でも当塾のご紹介をしております!】
http://ikuei-shibamata.blog.so-net.ne.jp

早稲田育英ゼミナール 柴又教室

住所 〒125-0052 東京都葛飾区柴又1-34-3 大石ビル2F
電話 03-3600-8791(教室) 0120-198176(フリーダイヤル:本部)
facebookはこちら   http://on.fb.me/1VWWjY0
  • facebook
  • 過去ブログ