塾長ブログ ただいま悪戦苦闘中

ブログ詳細

東京都「受験英作文」基本文型を体に染込ませる:早稲田育英柴又教室


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★☆★☆早稲田育英「無料体験授業」★☆★☆
☆★☆★☆★☆★ 実施中 ☆★☆★☆★☆★
早稲田育英ゼミナール柴又教室では、
無料体験授業を行っております。
早稲田育英柴又の「1対2の個別指導」や
「SSTプリント授業」は、勉強が苦手、
ご家庭で勉強ができない、
勉強のしかたが分からない、
志望校まであと少し、といった生徒さんに
大変好評をいただいております。
ぜひ、早稲田育英の体験授業に参加して
勉強のヒントをつかんでください。
お申込みは、下記のいずれかの方法で
ご連絡ください。
-1) 電話  03-3600-8791
-2) メール ikuei172@dj9.so-net.ne.jp
-3) H P www.each-one.net/
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
◆キッズプログラミング教室無料体験(対象:小3~小6)
◆速読教室無料体験(対象:小1~高3)
両体験会のお申込はお電話で! 03-3600-8791
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

東京都の受験問題には必ず、英語英作文が出題されます。

英語での作文は、とても難しいですね。

英語長文の読解も難しいですが、別の意味で、

英作文は難しいです。

 

英作文をできるようにするためには、

基本となる文型をいくつも体に染込ませることが必要です。

 

たとえば、I have a apple . ではなくて、

I have an apple . が正解です。

これは、「apple の最初のアルファベットが母音のaで始まって・・・」

などと考えて作文をしているようだと、

まだまだ体に染み付いていません。

自然に an apple となるうように体に染込むまで

練習しておかないと、本番でミスをします。

 

つまり、練習したもの以外は得点に結びつかない、ということです。

そのためにも、英語の基本文を体に染込むまで練習することが

大切なことです。

 

それをしないで、英作文だけを勉強して得点しようとしても

無理があります。

 

まずは基本文の練習をしましょう。

基本文は、たいていの教科書の一番後ろに記載してあるはずです。

最低限これだけは日本文が出されたら、すぐに英文が口をついて

出てくるように練習してください。

葛飾区であれば、トータルイングリッシュの「目標文のまとめ」

それに相当します。

お子さんが一般動詞の文の中に、Be動詞が出てくるような

英文をつくっているようなら、早速取り掛かってください。

 

★☆★☆早稲田育英の「一科目授業料」★☆★☆
あなたのお子さんは、個別指導で成績が上がっていますか?
集団授業で成績が上がっていますか?
一気に30点も上がっていますか?
もし、上がっていなければ、柴又教室のプリント授業を
ぜひ試してください。
週1回一科目2時間10分の授業で、10,540円+設備費です。

 

【こちらで動画でも当塾のご紹介をしております!】
http://ikuei-shibamata.blog.so-net.ne.jp

早稲田育英ゼミナール 柴又教室

住所 〒125-0052 東京都葛飾区柴又1-34-3 大石ビル2F
電話 03-3600-8791(教室) 0120-198176(フリーダイヤル:本部)
facebookはこちら   http://on.fb.me/1VWWjY0
  • facebook
  • 過去ブログ