塾長ブログ ただいま悪戦苦闘中

ブログ詳細

柴又・金町の小さな個別指導塾が見つけた「家で勉強しない中学生を家で勉強させる」3つのコツ 


にっこりハート 

 

 

柴又・金町の小さな個別指導塾が見つけた「家で勉強しない中学生を家で勉強させる」3つのコツ 

 

 

突然の質問です。

皆さんのお子さんは、ご家庭で勉強されていますか?

 

柴又塾で体験授業を受けられたお子さんのお母様に聞きますと、ほとんどのお子さんは、ご自宅では勉強しないそうです。

 

お母様もそこを悩んでいらして、テストが近づくと毎日のように「勉強しなさい!」のバトルが繰り広げられる、という話も聞きました。

 

そこで今回は、「中学生が自宅で学習するようになる3つのコツ」というタイトルで、ブログを書きたいと思います。

 

この方法は、柴又塾で実際に生徒さん達に使っている手法です。

 

この方法を使うと、ご自宅でしっかりと学習ができ、もちろん定期テストの得点も大幅に上がります。塾内で、実証済みの方法です。

ご自宅で勉強できないお子さんにぜひ試していただきたいと思います。

 

その3つのコツとは、

一つ目は、勉強にも優秀なコーチが必要

二つ目は、何を勉強するか、明確にしておく

三つ目は、勉強する内容をスケジューリングする

という3つです。

 

黒板と教師(書き込みあり) 

 

 

1.勉強にもコーチが必要   

 

もし、お母様がご主人に「掃除しろ!」などと言われたら・・

きっとご主人に対して「ブチ切れる」と思います。

 

同じように、お母様がお子さんに向かって「勉強しなさい!」と叱責するような言葉を投げかけると、お子さんは責められていると思い、ますます勉強をしなくなります。

  

ですので、お母様には、お子さんを叱責するような言葉は謹んでいただきたいのです。

 

その代わり・・・中学生のお子さんのコーチとなって、励ましていただきたいのです。

勉強に「コーチ」?と思われるかもしれません。

スポーツの世界を見てください。優秀な成績を収めている選手には、優秀なコーチが必ず付いています。

同じように、お子さんのパフォーマンスを最大限にあげるため、お母様にお子さんのコーチの役割を担っていただきたいのです。

 

具体的には、何をするのかというと、難しくはありません。

ただ、次のような質問を投げかけてくだされば充分です。

 

「今回のテスト結果は、もうちょっとだったけど、次はどうなっていたらうれしい?」

 

「今回のテストで、良かったところは、どんなところ?」

 

「更によくするためには、どうしたらいい?」

 

 

お子さんは、ふてくされているようでも、心の中は、「いい点数を取りたい」と思っているはずです。

 

そこを刺激してあげましょう。

上に挙げた3つの言葉は、魔法の言葉です。

きびしくお子さんを叱責するより、優しいコーチとなって、お子さんに接してあげてください。

  

この質問のあとに、お子さんの口から「勉強しなきゃな」という言葉が出れば、もうお母様の勝ちです。

次の段階に進みましょう。

 

はちまきをした女子とお母様 

 

2、何を勉強するか、明確にしておくこと        

 

定期テストの得点が伸びていないお子さんのほとんどが、「何をどこまで勉強すればよいのか」分かっていません。

 

与えられた宿題しかやってこなかったお子さんの典型です。

自分なりの勉強方法を見つけたお子さんは、どんどん成績を伸ばしますが、勉強方法を確立していないお子さんの場合、部活休みの大切な一週間もあたふたと宿題をやるだけで終わってしまいます。

 

そこで、柴又塾からアドバイスさせていただきます。

 

「市販の参考書+市販問題集×2+学校ワーク×4回」

 

これが、定期テストで90点を取るための秘策です。

 

宿題以外にこれだけの量をこなすのは、並大抵のことではありません。

先ほどの「どうしたら、もっと良くなると思う?」というお母様からの質問に「勉強しなきゃな」と返答したお子さんには、すかさず、「こういう勉強方法があるんだけれど、やってみる?」と提案してみてください。

「90点を連発させている塾がやっている方法みたいよ」と付け加えてください。

 

実は、「市販の参考書+問題集×2+学校ワーク×4回」と書きましたが、学校のワーク×1回なら60点、×2なら70点、×3で80点、×4で90点が大凡の目安になります。柴又塾の何人もの生徒さんに実際にやってもらった結果、ほぼこのような点数になることが分かりました。

「部活でワークは一回しかできなかった~」という生徒さんは、やはり60点です。

「英語と社会は7回やったよ」という生徒さんは、それぞれ96点、97点でした。

 

 

「市販の参考書」と「市販の問題集」と書きましたが、実際には柴又塾では、市販のものは使わず、「自塾のプリント」で勉強してもらっています。

私は、「自塾のプリント」が一番だと思っていますが、市販の参考書や問題集でもよいものがありますので、実際に手にとってお子様が気に入ったものをご購入ください。

 

「どうして学校のワークだけじゃダメなの?」という質問を受けることがあります。

学校のワークは、教科書が前提です。教科書をよく読んで理解したうえで、学校のワークを進めてもらうようになっています。

 

ところが、お子さんたちは、教科書が読めないのです。

ですから、教科書をもっとかみ砕いで優しくポイントをつかんだ参考書などで、補う必要があります。しかも、学校のワークはレベルが高いです。

そのため、いきなり学校のワーク問題を解くのは、危険です。

易しい問題でやり方を覚えてから、学校のワークに挑戦して欲しいと思います。

 

さて、ここまで来たら、もう少しです。

 

 

 

3、勉強する内容をスケジューリングすること   

 

「90点、取れるみたいだよ。やってみようか?」

前回、得点が伸びなかったお子さんなら、お母さんのこの言葉に否定はできないと思います。   

 

後はスケジューリングです。

何でもよいのですが、スケジュール帳を用意してください。

テスト1か月前からの、お子さんのスケジューリングを行います。

テスト対策には、少なくとも1か月は必要です。

 

スケジュール帳を前において、お母様とお子さんとで、勉強だけでなく、部活の予定やご家庭の予定を書き込んでいきます。

 

 

ノートと鉛筆 

 

 

「市販の参考書+市販の問題集+学校のワーク×4回」を処理するには、どこでどのようにスケジューリングすれば、よいのでしょうか?

 

最初は、お母様と一緒にスケジューリングをしましょう。

いずれ自分ひとりでできるようになります。

そのときは、お母様は口を挟む必要はありません。

ちなみに、一日当たりの学習量としては、2時間~4時間の勉強量が必要と思います。

 

量が多いですから、なるべく細かく予定を立ててください。

例えば、火曜日にワークを何ページやるのか、それは何時からスタートして何時に終わるのか。

そして、1回目のワークはいつ終わらせることができるのか?2回目のスタートはいつか、3回目はいつごろからスタートするのか。

 

そうした細かい作業をしていると、スケジュール帳は、びっしりと埋まってくるはずです。

 

それが終われば、後は実行あるのみです。

スケジュール帳は、お子さんだけでなく、もちろんお母様もチェックできるようにしておきます。

お母様は台所にいても、「あ~今日は数学のワークをやっていて、それは明日で一回目が終わるな」と、お子さんの様子が分かります。

 

予定通り進めることができたかどうかもチェックです。

 

こうして進めていけば、お母様が毎日お子さんを「勉強しなさい!」と大声で怒鳴る必要もありません。

淡々と予定どおり進めてゆくだけです。

 

 

4.まとめ        

 

やるべきことが決まり、どこまでやるかも決まり、やる日程も決まると、お子さんは俄然勉強をするようになります。

 

お母様は、最初は大変かもしれませんが、二回、三回と経験して、やり方をお子さんが分かってしまえば、自分でスケジューリングをするようになります。

ただ、そろそろスケジューリングをする時期だよ、くらいの声かけは必要かもしれません。

 

この方法は、お子さんに自宅での学習習慣をつけさせる方法でもありますが、更には90点を取らせる方法でもあり、最終的には、お子さんを自立させるための方法でもあります。

 

ただ、ご理解いただきたいのは、時間が掛かる場合がある、ということです。

1~3をすべてやったので、明日からお子さんが90点を取って、自立するか、というとそうでもありません。

半年ほどの時間は掛かるものと覚悟して、ぜひ実施していただきたいと思います。

半年間はぐっと我慢して、お子様のコーチに徹してください。

 柴又塾では、この方法で次々に生徒さんに90点台を連発させています。

お母様のお子さんも、必ず90点が取れますので、あきらめることなく継続してください。

 

「お子様が自宅で勉強するようになった」あるいは「90点を取れた」ということがありましたら、ぜひご報告をいただきたいと思います。

皆様からのご報告を楽しみにお待ちしております。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆早稲田育英「無料体験授業」★☆★

☆★☆★☆★☆★ 実施中 ☆★☆★☆★☆★

 ◎無料体験授業のお申込みは、こちらから。

⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓

-1) 電話  03-3600-8791

-2) メール info@each-one.net

-3) H P http://www.each-one.net/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

   

 

 

【こちらで動画でも当塾のご紹介をしております!】
http://ikuei-shibamata.blog.so-net.ne.jp

早稲田育英ゼミナール 柴又教室

住所 〒125-0052 東京都葛飾区柴又1-34-3 大石ビル2F
電話 03-3600-8791(教室) 0120-198176(フリーダイヤル:本部)
facebookはこちら   http://on.fb.me/1VWWjY0
  • facebook
  • 過去ブログ