塾長ブログ ただいま悪戦苦闘中

ブログ詳細

早稲田育英柴又教室:豊富なプリントで解決「変化の割合」


中2生が数学でつまずく「壁」は

いくつかありますが、その中で

一時関数「変化の割合」と単元があります。

ここを分からないままにしておくと

後で大変なことになります。

なぜなら、「関数を制するものは受験を制す」

だからです。

この言葉は、柴又教室の生徒さんなら

塾長が何度も叫んでいるので、

一度は聞いたことがあると思います。

関数は、かならず受験問題(都立)として

出題される単元で、ここをクリアしないと

ある程度の得点の確保は、難しいです。

 

 

そして、この関数を理解する第一関門が

「変化の割合」です。

問題としては、

「y=4x-2について、xが0から5まで

変化するとき、変化の割合を求めよ。」という

出題になります。

 

解き方としては、yの増加量/xの増加量で

変化の割合は導き出せるのですが、

数学の苦手な生徒さんは、

「あ、もう分からない!」と言って、

すぐに入り口を閉めてしまいます。

こういうときは、個別指導で「xの増加量」求め方、

「yの増加量」の求め方をじっくりと指導して、

自力で解けるようになった後も、

何度も何度も繰り返し、練習してもらいます。

繰り返しの練習こそが、

本当の理解につながるからです。

 

柴又教室では、こうした入り口付近の問題を

豊富に揃えて、数学嫌い、苦手、というお子さんに

対応しています。

 

YouTube Preview Image

【こちらで動画でも当塾のご紹介をしております!】
http://ikuei-shibamata.blog.so-net.ne.jp

早稲田育英ゼミナール 柴又教室

住所 〒125-0052 東京都葛飾区柴又1-34-3 大石ビル2F
電話 03-3600-8791(教室) 0120-198176(フリーダイヤル:本部)
facebookはこちら   http://on.fb.me/1VWWjY0
  • facebook
  • 過去ブログ