塾長ブログ ただいま悪戦苦闘中

ブログ詳細

早稲田育英柴又教室:夏休みの宿題「税の作文」を書く


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆早稲田育英「夏期講習会」の★☆★☆

☆★☆★☆★☆★ お知らせ ☆★☆★☆★☆★

夏期講習の日程等は下記のとおりです。

皆さんのご参加をお待ちしています。

1.日程 前期 7月21日~8月9日

     後期 8月18日~8月30日

2.時間 午前10時~午後9時の時間帯での個別指導

      中3生は午前10時より午後5時までSST、

      午後6時40分~9時半まで個別指導

3.費用 個別指導 1コマ当り3,240円(80分)

      SST    1コマ当り693円(60分)

      その他設備費、教材費

4.申込・お問い合わせ 

-1) 電話  03-3600-8791

-2) メール ikuei172@dj9.so-net.ne.jp

-3) H P www.each-one.net/

費用、コマ数、SST授業については、

お気軽にお問い合わせください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今回は、中3生の夏休みの宿題、

「税の作文」の書き方を解説します。

本当に税のことを書こうとすると、

1年掛かっても書けないほどの内容なので

ここは、税のことを知らない普通の中3生が

税について”初めて”考えてみました!

という内容で書き方を解説したいと思います。

 

ですから、当然、税のことは

「あまり意識したことがない」とか

「漠然と消費税のことしか分からない」

というような出だしで書き始めて、

「だから調べてみた。」「調べてみる。」と

調査することから始めるとよいと思います。

調査した内容を書く訳です。

調べる方法としては、インターネットや

税務署のパンフレット(税務署に行けば沢山

置いてあります。)や書籍もあるので、

図書館で借りることもできます。

そこで、消費税だけでなく、様々な税の種類が

あることに気づくことになります。

 

ここから、書き方は二つに分かれます。

ひとつは、その様々な税について

浅く広く調べる方法。

もうひとつは、ひとつの税について

深く調べる方法です。

調べる内容は、

1)納付・徴収方法

2)どこに納めるのか?

3)税率は?

4)どんな目的で税が存在するのか?

5)どのように使われているのか?

6)その税制について問題点はあるのか?

というようなことを調べて書きます。

 

そして最後の締めに「税金をどう使って欲しいか?」

について、書きます。

例として、弱者(障害者、低所得者等)のために、

または、教育に使って欲しい、道路や橋のために、

あるいは、防災のため、社会保障に、などなど。

この”どう使って欲しいか”、については、

それぞれ書くべきことがあるかと思います。

たとえば、災害に遭った人が身近にいる、とか

病気のおじいさん、おばあさんがいるとか、

身内に障害者の方がいるとか、

そういう理由で、納付された税をどういうところに

注力して使って欲しいかを書くわけです。

これで原稿用紙3程度にはなると思います。

税務署の入り口に「優秀賞」などと書かれて

貼りつけてもらいたいお子さん向けでは

ありませんが、

オーソドックスな書き方を説明しました。

ぜひ、参考にしてください。

 

YouTube Preview Image

 

【こちらで動画でも当塾のご紹介をしております!】
http://ikuei-shibamata.blog.so-net.ne.jp

早稲田育英ゼミナール 柴又教室

住所 〒125-0052 東京都葛飾区柴又1-34-3 大石ビル2F
電話 03-3600-8791(教室) 0120-198176(フリーダイヤル:本部)
facebookはこちら   http://on.fb.me/1VWWjY0
  • facebook
  • 過去ブログ