塾長ブログ ただいま悪戦苦闘中

ブログ詳細

早稲田育英柴又教室:中3英語「関係代名詞」の英作文を解説①


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆早稲田育英「無料体験授業」★☆★☆

☆★☆★☆★☆★ 実施中 ☆★☆★☆★☆★

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

無料体験授業を行っております。

早稲田育英柴又の「1対2の個別指導」や

「SSTプリント授業」は、勉強が苦手、

ご家庭で勉強ができない、

勉強のしかたが分からない、

志望校まであと少し、といった生徒さんに

大変好評をいただいております。

ぜひ、早稲田育英の体験授業に参加して

勉強のヒントをつかんでください。

お申込みは、下記のいずれかの方法で

ご連絡ください。

-1) 電話  03-3600-8791

-2) メール ikuei172@dj9.so-net.ne.jp

-3) H P www.each-one.net/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2学期期末テスト対策プリント授業体験会の

★☆★☆★☆★☆お知らせ★☆★☆★☆★☆

下記の要領で体験会を行います。

授業では、期末テストの範囲を繰り返し

繰り返しプリント問題を解いてもらいます。

何度も解くことで、芯から理解することができます。

お申込は、電話またはメールにて。

1)場所 ガーデンプラザ柴又 集会室

2)日程 ①11月8日(土)、②11月15日(土)

3)時間 ①午後5時~7時、②午後4時~6時

4)費用 無料

5)申込 電話 03-5699-2659

     Email info@each-one.net

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

中3英語「関係代名詞」英作文の解説③

ただでさえ英語が苦手なのに、

関係代名詞、という難しそうな文法に

遭遇して、混乱をしている中3生は

多いかもしれません。

 

何度か、このブログで書いていますが、

英語(中学英語)は、語順と単語が命です。

逆に言うと、語順と単語がちゃんと理解し、

書けるようになれば、鬼に金棒です。

特に語順は、まったく難しくありません。

This is a pen .

I love you .

おおよそこの2つの文章の語順が頭に入っていれば

ほぼ、英語の語順はマスターしたことになります。

 

たとえば、(2)

「山田さんは、このテーブルを作った人です。」

という関係代名詞の文章。

主語は「山田さんは」 述語は「人です。」

これは、This is a pen .と同じ構文です。

ですから、Mr. Yamada is the person .となります。

This is a pen .のThisを Mr.Yamadaに、

a pen を the person に変えただけです。

 

そして、「このテーブルを作った」というのは、

「人」に掛かる修飾語です。

これは、英語も日本語も同じなので、

「who made the table 」という

文章をthe person に『後から』つけます。

『後から』というところが日本語と違いますね。

日本語の場合、修飾語は『前に』つけます。

全体を英訳すると、

Mr. Yamada is the person who made this table .

となります。

 

 

(3)犬を散歩させている女性は、マヤの母親です。

さて、この文章の主語と述語は何でしょう。

そうです。主語は、「女性は」、述語は「マヤの母親です。」

ということになります。

ですから、This is a pen .の語順に並べます。

The woman is Maya’s mother .

「犬を散歩させている」は、「女性」に掛かる修飾語です。

ですからthe woman の『後ろに』つけます。

The woman (who is walking her dog ) is Maya’s mother .

※( )は説明用につけたものです。実際には不要です。

 

 

どうですか、簡単でしょう?

主語は、疑問文でなければ、必ず文章の先頭に来ます。

「山田さんは」、「女性は」・・すべて同じで、

文章の先頭に来ているでしょう?

 

では最後に「向こうに立っている家はとても大きい。」

これはどうですか?

主語は、「家は」です。

文章の頭は、The house

述語は、「とても大きい」

ですから、骨格の文章は、

The house is very big.

「向こうに立っている」は、「家」を修飾しています。

ですから、「家」の『後ろ』にきます。

The house (which stands over there) is very big .

となれば、正解です。

あなたは出来ましたか?

 

YouTube Preview Image

【こちらで動画でも当塾のご紹介をしております!】
http://ikuei-shibamata.blog.so-net.ne.jp

早稲田育英ゼミナール 柴又教室

住所 〒125-0052 東京都葛飾区柴又1-34-3 大石ビル2F
電話 03-3600-8791(教室) 0120-198176(フリーダイヤル:本部)
facebookはこちら   http://on.fb.me/1VWWjY0
  • facebook
  • 過去ブログ