塾長ブログ ただいま悪戦苦闘中

ブログ詳細

早稲田育英柴又教室:小6生の中学準備講座(5)~算数:小5の単元を復習しよう(角度)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆早稲田育英「冬期講習会」の★☆★☆

☆★☆★☆★☆★ お知らせ ☆★☆★☆★☆

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

下記のとおり冬期講習会を行ないます。

「1対2の個別指導」では、学校の予習を

「SSTプリント授業」では、復習を中心に進めます。

冬休みは、行事が多く、なかなか勉強する時間がなく

ぼんやりしていると、あっという間に

新学期が始まってしまいます。

せっかくのお休みをぼ~っと過ごすのではなく

早稲田育英柴又教室で、集中して

勉強に取り組んでみましょう。

早稲田育英の繰り返しプリントなら、

来年度の期末テストで、大幅な得点UPが

期待できます。

冬期講習のお申込は、下記よりお願いします。

-1) 電話  03-3600-8791

-2) メール ikuei172@dj9.so-net.ne.jp

-3) H P www.each-one.net/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今回は、ちょっと間が開いてしまいましたが、

小6生向けの中学準備講座です。

中学生の問題を見てみると、都立の入試問題

だけでなく、WもぎやVもぎにも

小学5年生の知識だけで解ける問題が

よく出題されています。

ですから、小5の単元がどれほど大事か

ということをもう一度ご理解いただきたいと思います。

 

今回取り上げた、角度の問題などは、

基本中の基本なのですが、

これが、解けない。

中学に入ってから、これを解けるように

するには、相当なプリント枚数をこなす

必要があります。

 

しかし、小学校できちんと

知識を付けてきたお子さんは、

さらりと問題を解いてしまいます。

基礎の学力が、こういうところに影響してきます。

小学校時代の勉強なんて、

中学校で挽回すればいいと

ほとんどのお母様は、そう思って

いらっしゃいますが、とんでもない。

小学校時代に知識を身に付けたお子さんに

並ぼうとするなら、倍以上の勉強時間が必要になります。

 

小学校のうち、今のうちに知識を

身に着けさせてください。

まちがっても、「僕、中学になったら勉強するから、

小学生のうちは、サッカー(野球)に集中させてよ。」

などという言葉にだまされない様に。

 

YouTube Preview Image 

【こちらで動画でも当塾のご紹介をしております!】
http://ikuei-shibamata.blog.so-net.ne.jp

早稲田育英ゼミナール 柴又教室

住所 〒125-0052 東京都葛飾区柴又1-34-3 大石ビル2F
電話 03-3600-8791(教室) 0120-198176(フリーダイヤル:本部)
facebookはこちら   http://on.fb.me/1VWWjY0
  • facebook
  • 過去ブログ