塾長ブログ ただいま悪戦苦闘中

ブログ詳細

早稲田育英柴又教室:算数好きの小学生にするために(1)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆早稲田育英「冬期講習会」の★☆★☆

☆★☆★☆★☆★ お知らせ ☆★☆★☆★☆

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

下記のとおり冬期講習会を行ないます。

「1対2の個別指導」では、学校の予習を

「SSTプリント授業」では、復習を中心に進めます。

冬休みは、行事が多く、なかなか勉強する時間がなく

ぼんやりしていると、あっという間に

新学期が始まってしまいます。

せっかくのお休みをぼ~っと過ごすのではなく

早稲田育英柴又教室で、集中して

勉強に取り組んでみましょう。

早稲田育英の繰り返しプリントなら、

来年度の期末テストで、大幅な得点UPが

期待できます。

冬期講習のお申込は、下記よりお願いします。

-1) 電話  03-3600-8791

-2) メール ikuei172@dj9.so-net.ne.jp

-3) H P www.each-one.net/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今回は、中学生向けの内容ではなく

「算数好きの小学生にするために」

というタイトルで書いてみたいと思います。

 

我が息子、年長さんのちび太君は雨の日以外は、

公園で泥んこになって遊んでいます。

私は、それは男の子にとって良いことだと

考えていますので、止めることはありません。

ただ、同時に考える力もつけて欲しいと

思っていますから、朝の10分間だけは、

遊ぶことなしに、父親といっしょに

机に向かうことにしています。

 

この朝の10分間で勉強している内容のうち、

今日は、算数の文章題をご紹介します。

この文章題は、糸山先生の「どんぐり問題」を

ベースに、私自身でつくった問題です。

3日に1回くらいのペースで、出題しています。

文章題の登場人物に自分の名前やお友達の名前が

出てきたほうが、興味を持ってくれると思い、

なるべくお友達の名前を使わせてもらって

問題を作成しています。

具体的な問題の内容は、動画でご紹介しています。

年長さん向けにつくった問題なので、

高学年には向かないと思いますが、

低学年のお子さんがいたら、試してみてください。

問題を解くには、計算でに、解かずに

「図や絵を描くこと」が条件です。

 

幼稚園児の場合は、まだ計算ができないので、

絵を描いて解くしか方法がありません。

ですから、算数の文章題を得意にさせるには、

幼稚園児から取り組ませたほうが良いかと思います。

小学生の中学年くらいになると、図や絵を描かず、

計算で解こうとしてしまいますから。

 

我が家のちび太君が、もう少しうまく

絵が描けるようになったら、

再度ご紹介したいと思います。

 

YouTube Preview Image

【こちらで動画でも当塾のご紹介をしております!】
http://ikuei-shibamata.blog.so-net.ne.jp

早稲田育英ゼミナール 柴又教室

住所 〒125-0052 東京都葛飾区柴又1-34-3 大石ビル2F
電話 03-3600-8791(教室) 0120-198176(フリーダイヤル:本部)
facebookはこちら   http://on.fb.me/1VWWjY0
  • facebook
  • 過去ブログ