SSTプリント学習
sst_img01

SSTプリント学習とは?

『スモールステップトレーニング』の略で、通常授業の復習・予習・テスト対策や受験対策など目的に合わせて、講師と生徒が一緒に計画表を作成してプリントの学習を進める勉強方法です。

基本的に、週2回の学習(英語1回、数学1回)で進めます。

週2回をお勧めするのは、学習の習慣やリズムをつくってもらうためです。

 

1回の授業時間は、6:50pm~9:10pmのたっぷり2時間10分。

これだけの時間がないと学校の英語や数学の時間に追いつくことはできません。

余裕のある生徒さんは、予習をすることも可能です。

また、普段おろそかになりがちな理科・社会の勉強、定期テストの対策、中3の入試対策でプリント学習は効果を発揮します。

 

知識の定着になぜプリント学習が効果的なのでしょう?

その答えは、次の通りです。

理由その1:何度も練習ができるからです。

例えば、泳ぎ方を説明されても、実際に泳ぐ練習をしなければ、泳げないですよね。それと同じです。
分かっているのに、得点が伸びない理由はそこにあります。
何度もプリントを使って練習することで、本物になります。テストで高得点を出せるのです。

sst_img02

理由その2:テスト一か月前のプリント・テスト対策授業で自信がつくからです。

sst_img03

定期テストの間隔は、2~3ヶ月。3ヶ月前の単元は忘れてしまいがちです。
でもテスト一か月からスタートするSSTプリント・テスト対策授業に参加すれば、テスト範囲をすべて復習できるので安心です。
SSTプリント・テスト対策授業では一か月最大120時間(最低70時間推奨)を費やし、テスト範囲を総復習します。

対策授業で学習できるのは、基本5科目。

例えば、通常授業で英語・数学を履修し、理・社・国を対策授業で学習することができます。

余裕のある生徒さんは、美・音・技家・保体も学習しています。

学校の課題やレポート・ワークの学習のサポートも行います。

ここまでやれば、自信を持ってテストに臨むことができますね。

理由その3:集中する力がつきます。

プリントを解いていると通常授業の2時間10分があっと言う間に過ぎてしまいます。
「え?もうこんな時間?」生徒たちは口をそろえてそう言います。
自宅で2時間、集中して学習できるお子さんは、実は少ないです。

テスト対策なら、毎日4時間

慣れてくると、4時間も少なく感じるでしょう。

果たして、あなたのお子さんは自宅で4時間も勉強できるでしょうか?

sst_img04

  • facebook
  • 過去ブログ